婚約指輪について

12月 23rd, 2013

一生に一度の大切な宝物の婚約指輪。

現在は贈らなくなっているという流れにもなっているみたいですが、やっぱり一生に一度ならしっかりと婚約指輪も贈りたいという方ももちろんいらっしゃいます。

そもそも婚約指輪と結婚指輪は意味合いが違く、婚約指輪は愛の証として男性が女性へプロポーズする結納の際に贈るのが基本です。

婚約中の女性だけが身に着けられるものなので、女性からしたら特別感もあっていいのかもしれません。

ちなみに婚約指輪というのは紀元前1世紀ごろの古代ローマから始まりました。

当時は結婚よりも婚約の約束の方が重要視されていて、「あなたと結婚する」という意思表示、誓約証明として鉄の輪を贈ったとされています。

それが現在まで受け継がれてきているというわけですね。

日本で婚約指輪の風習が広まったのが明治時代以降とされています。

西洋の文化が日本の文化と融合して婚約指輪が始まったとか。

逆に結婚指輪は男女が日常的に身に着けるもので、挙式の結婚誓約時に途切れない絆を約束し、交換するものです。

なので指輪自体に託す想いがそれぞれ違うと言えます。

婚約指輪、結婚指輪ともに共通していえるのは一生に一度の特別なリングということですね。
(他にも色々ある指輪雑学はこちらで⇒あの人へ婚約指輪を

多くの指輪があり、デザインも豊富な昨今ですから購入の際は迷う方も多いと思いますがそこは是非悩みに悩んで、素晴らしい指輪を手に入れて欲しいと思います。

Comments are closed.